必読!ポーランド旅行を計画するときの2大ポイント

【海外引っ越し】家具は何持っていく?駐在前に知っておきたい3つのポイント

はりぃ
こんにちは!ワルシャワで駐在妻をしている、はりぃです。

今回は、海外に引っ越すときの家具の送付や処分についてです!

私が海外引っ越しを実際に経験して、

「やっておけばよかった!」と後悔していることや「これはやって良かった!」と思ったことなどを書いています。

海外赴任が決まったけど、家具は何を持っていけばいい?

この記事を読めばそんなギモンを解決できますよ。

【海外への引っ越し】家具を送るときの3つのポイント

海外赴任の引っ越しにおいて、家具を送るときのポイントは3つ。

海外引っ越しのポイント~家具編~
  1. 海外赴任先の物件は家具つきかどうか
  2. 家具or日本食?優先順位とコスパを比較
  3. 家具の保管や処分も要検討

私が実際に海外引っ越しを経験して感じたポイントがこの3つです。
これから詳しく解説していきます!

海外への引っ越しでは、家具の輸送にはおもに船便を使います。

船便は費用を安くおさえられる一方で、到着までにとても時間がかかります。

ヨーロッパまでだと、なんと2ヶ月以上!

どの家具をどのくらい引っ越し先へ持っていくかは、到着までの期間も考慮して決めるのがおすすめです。

海外赴任先の家は家具付き?

海外引っ越しの家具選びポイント①

海外赴任先の物件が家具付きかどうかを早めにチェック!

海外の賃貸物件には家具や家電がついていることが多いです。

我が家も家具家電つきの物件に住んでいます。
なので、ソファやダイニングテーブルなどの大型家具は全く持ってきませんでした。

一方、おとなりの国・ドイツでは家具家電がついていない物件も多いそうです。

赴任先の国によって住宅事情がちがうので、海外赴任が決まったら早めに情報をゲットしましょう!

海外赴任時の福利厚生や住宅規定は会社によってかなり違います。

インターネットやSNSの情報も参考になりますが、前任者や同じ会社の人からの情報が一番確実だと思います!

家具の送付はコスパ悪い?海外引越し荷物の優先順位

海外引っ越しの家具選びポイント②

送りたいものの優先順位とコスパを比較検討しよう!

海外引っ越しには船便と航空便があります。

船便と航空便の違いがこちら↓

海外引っ越しでの船便と航空便の違い
船便と航空便の違い

注目してほしいのが運賃の決め方。

船便は容積(どのくらいのスペースを使うか)で運賃が決まるのに対し、航空便は重さで決まります。

小さくて重いものは船便向き。たとえば、本なんかはコスパがいいですね。

逆にかさばる家具はあまりコスパがいいとは言えません。

コスパと持っていきたいものの優先順位を比較しながら、荷物の量を予算内におさめていかなければいけません!

組み立て式の家具なら解体して運べばコスパがよくなります!

海外引っ越しの優先順位:我が家の場合

我が家の場合、海外引っ越しで使える予算は会社から決められていました。

会社

船便と航空便あわせて○○円でがんばってね!

はりぃ

安い船便オンリーでたくさん送るぞー!

引っ越し業者

船便は赤道直下を通るので基本的に食料は運べませんが、大丈夫ですか?

はりぃ

それは困る・・航空便で日本食材も送ります!

引っ越し業者

航空便は価格が高いので、船便の量を少し減らさないと予算オーバーになるかもしれません・・。

はりぃ

日本食のためにこの本棚をあきらめるか~

こんな感じで引っ越し業者さんと相談しつつ、引っ越し荷物の優先順位を決めていきました。

私は海外に着いてすぐ日本食がたくさん手元にあると安心だなと思ったので、船便荷物を減らして航空便を増やしました。

国によっては食品がほとんど送れないこともあるかもしれません。

また、加工肉や肉エキスが入ったものは、検疫に引っかかるため送れない国が多いです。

食料品については事前に引っ越し業者とよく相談しましょう!

海外引っ越し前に家具の処分や譲渡も検討しよう!

海外引っ越しの家具選びポイント

家具の『保管・処分・譲渡』も要検討!

保管のコストと駐在期間もふまえつつ。

海外引っ越しの場合、船便・航空便のほかに『家具の保管』という選択肢がでてきます。

海外駐在中に使わない家具を倉庫で長期保管してくれるサービスです。

わが家の場合は、引っ越しをやってくれた日通さんで倉庫保管サービスもやっていたので、そこを使っています。

保管料は借りるスペースによって変わります。大きい家具はコストが高くなりがち。

ニトリの安い家具は帰国後にあたらしく買い直したほうが安いかも!?

と思ったので、保管する家具はかなり最低限にしました。

いや、したつもりでした。

今考えると「あれは帰国してももう使わないな・・」と思うものもチラホラ保管してますね。もったいない!

駐在期間が長くなればなるほど、保管したものを使わなくなる気がします!

数年たてば好みも変わるし・・

海外駐在員向けの保管サービスでは、一度保管したものは帰国するまで取り出せません。

駐在途中で必要になりそうなものは実家等で保管するのがベターです。

家具の処分には不用品回収サービスが便利

古い家具を処分する一番安くて簡単な方法は、粗大ごみに申し込んで出すことです。

でも、重い家具を玄関先まで運ぶのは意外と大変・・。

そんなときにおすすめなのが不用品回収サービス

私たち夫婦の海外赴任が決まった頃、ちょうど実家の家具や家電が古くなっていたので、うちで使っていたベッドやソファなどを実家へ送ることになりました。

しかし!古い家具を粗大ゴミに出そうにも実家の2階から玄関先まで運ぶのは大変・・

しかも、搬入日には私も夫もすでにポーランドに。60代の両親だけで運ぶのはもはやムリ!

そこで、はじめて不用品回収業者を使ってみました!

不用品トラックつめこみ放題で、2階からの運び出しも全部やってくれました。

作業員の人たちがテキパキしていてあっという間に片付いた!

と実家の母が満足していました。

粗大ごみ回収よりお金はかかりますが、男手が足りないときや時間を節約したいときにおすすめのサービスです。

私は【くらしのマーケット】という比較サイトを使って業者を探しました。

料金や口コミを事前に比較できるので安心でした!

海外引っ越しは家具の仕分けを早めに考えよう!

海外への引っ越しが決まったら早めに家具の仕分けを考えておくのがおすすめです

持っていくのか、捨てるのか、保管するのか・・あるていど決めていれば、引っ越し業者さんとの打ち合わせもスムーズにすすみます。

海外駐在直前はなにかとバタバタして忙しいもの。

時間とやる気のあるうちにがんばって家具の行先を決めてしまいましょう!

【海外引越のいろは】実際にやったこと&やっておけばよかったと後悔していること




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください