まさかの海外生活!赴任が決まったらまずやるべきことリスト【海外駐在決定~渡航直前まで】

はりぃ
こんにちは!来春からポーランドで駐在妻になる、はりぃです。

「ポーランドに赴任することになった!」

そう旦那から言われたとき、

「ポーランドってどこ?海外住むって言われても・・何から準備したらいい??

と、軽いパニック状態になりました^^;

初めての海外生活、初めてのポーランド、初めての駐妻・・

期待と不安がごちゃまぜなはりぃですが、
とにかく目の前のやることを一つ一つ片づけていかねばなりません!

そのためには、「出発までにやるべきこと・やりたいこと」をリストアップする必要があります。

全体像が見えると行動もスムーズにしやすいですからね。

そんなわけで、海外赴任や海外移住に向けての「やることリスト」を作りました。

出発の3ヶ月前、2ヶ月前、1ヶ月前の三段階に分けています。

このリストを見ると、以下のことがわかります。

  • 準備すべきことや日本でやっておくべきこと
  • 各準備における注意点
  • 海外生活に役立つ参考リンク     etc..
※このリストは、以下のはりぃの家庭をベースにしたものです。

  • 家族構成:夫婦2人、子どもなし
  • 渡航先:ポーランド

子どもがいないため、学校関係の手続きはカットしてます。

現在も渡航先でも社宅なので、住宅関係の手続きもカットです。

これからこのリストをもとに行動していきます!

実行した詳しい内容は後日記事をアップして、このリストに各記事へのリンクを貼ろうと思っています。

各記事が完成したら、この記事が目次・まとめになる予定です。

このリストの作成は2017年12月16日です。

行動していくうちに修正や加筆がたくさん入りますので、渡航が終わるまでは未完成状態です。

ご容赦ください。

(リスト上に時々書いてあるページ数は、私のメモなので気にしないでください。)

海外駐在決定~渡航3ヶ月前

  • 海外赴任準備についての情報を仕入れ、やることをリストアップ

    海外赴任準備についてまとめた本を読む(おすすめは「海外赴任ガイド」)

    会社主催の海外赴任説明会に出席する

    会社主催の説明会は、開催のタイミングが遅い場合がある。
    はやめはやめにアグレッシブに情報を収集する!
    (前回の資料だけ先にもらうなど)

  • 荷物の仕分け計画 P.76~90

    「持っていくもの」「国内で保管するもの(トランクルームや実家)」「処分・譲渡するもの」に分ける

    持っていくものは、「船便(安い。到着まで1・2ヶ月以上)」・「航空便(高い。到着まで1~2週間)」・「手荷物」に分ける

    電化製品は海外対応かどうか確認

    コストが安い船便に間に合うよう、持っていきたい食料品や日用品は早めにリストアップして購入する。

  • 現地語学の勉強

    「リスニング」「ライティング」「リーディング」「スピーキング」それぞれ分けて個別に攻める!

    1. まずは最低限の単語と文法を勉強(英語でいうと中学レベルの単語と文法)

    2. 音声をリスニング。一語一語聞き取れるレベルになるまでひたすら。基礎日常会話のCDなど、実践で使えるものがベター

    3. 2の音声をひたすらノートに書く(最初はスペルを間違ってもいいからとにかく書く)

    4. 2の音声をひたすら暗記して声にだす

    5. 現地もしくは語学教室で実践!

    語学学校でやみくもにレッスンを受けるよりも、言語を上のように4つに分けて一つずつ潰していくほうが効率的。

  • 銀行・証券・クレジットカード・生命/医療保険の海外在住者使用可否の確認 P.32

    海外で使えないものや、利用頻度の低いものは解約を検討

    海外在住者OKの場合、郵便物の海外送付もできるか確認

    国際クレジットカードがあると便利。なければ作成検討。

  • 渡航前健康診断

    婦人科検診の追加も検討

  • 予防接種

    渡航先で推奨されているワクチンを接種。ポーランドは接種義務ワクチンはなし。
    破傷風とB型肝炎が推奨されている。

    推奨ワクチンについては、外務省世界の医療事情を参照

    複数回の接種が必要になる場合も。早めに確認。

    妊娠中や妊活中の場合、主治医に予防接種を受けていいか確認。

    妊活中の場合、日本で風疹の抗体検査をしておくと安心かも。自治体の補助で無料で受けれることがある。
    麻疹の抗体検査は実費(私が行った病院は2100円でした。)感染症検査も無料だからこの際受けとく?

  • 渡航先の医療情報を収集

    外務省世界の医療事情・・・各国の医療情報がまとまってる。必読!
    外務省海外安全ホームページ・・・医療だけでなく、総合的な治安・安全情報がのっている。必読!
    厚生労働省検疫所FORTH・・地域別の感染症情報が見られる。
    Care the world・・海外での出産や子育て専門のカウンセラーのサイト。情報収集というよりは、「こんなサービスあるんだ」と知っておくといざという時いいかも。

    できれば前任者や現地の知り合いからも情報収集

  • 【運転する場合】免許の書き換え、国際免許(国外運転免許)の取得

    赴任先で運転するには、①国際免許を取得②日本の運転免許を赴任地の免許に切り替える③現地で免許を取得のどれかが必要。(切り替えた場合の日本の免許の有効性については確認中。)

    国によってはマニュアル車が主流のところもある。AT限定免許の場合は、限定解除講習を受けたほうがいいかも。

    国際免許の有効期間は1年。長期滞在の場合は、現地免許取得を検討。

    日本の免許更新期間を要チェック!更新忘れないように!

  • 趣味・習い事関連

    習い事などの退会も忘れずに。

    危険物(射弓やエアガンなど)を使用するスポーツ競技などの場合、国外に持ちだすのに輸出許可が必要になることもある。(選手レベルじゃないと許可下りないかも?)要確認。

    退会手続きのタイミングだけでも早めに確認しておきましょう。手続きが数ヶ月前に必要なケースもあります。

  • 【帯同のため退職する場合】雇用保険延長手続き

    配偶者の海外赴任についていくために会社を退職する場合は、雇用保険受給期間の延長手続きをしておく。

    最長3年受給期間が延長される。

    離職後30日を経てから1ヶ月の間にハローワークに申請する。

  • 【駐妻だけど働きたい!】就労可能かの確認・税金・扶養

    日本で収入を得ることは可能か渡航先大使館に確認してみる

    日本で収入を得ることは可能か会社に確認

    扶養の限度は日本で働くときと同じかどうかも確認。扶養制度の内容・条件の再確認

  • 税務署に税金相談

    アフィリエイトの場合の確定申告方法(雑所得?)の確認

    海外在住の場合の納税先(現住所の管轄税務署?実家が遠い場合は?)

  • 【アフィリエイトやっている人】

    登録アフィリサイト・サーバーが海外在住でもOKか確認

    振り込み口座が使用可能なものになっているか確認

  • ブログや前任者などから現地情報を収集

    手に入りにくい日用品や食材はなにか?

    医療事情・治安情報など

    ポーランドブログはポーランドなび・poland lifeが良さげ。

渡航2ヶ月前~1ヶ月前

  • 英文診断書・常備薬の準備 p.134 140

    既往症の英文診断書を作成してもらう。

    常備薬を多めにもらっておく。常備薬の英語名を知っておくことも大切。(英文診断書に書いてなかったら聞いておく)

    咳喘息、不妊治療、花粉症、アトピーなどなど忘れずに

    常備サプリも多めに買っとく?葉酸サプリとか

  • 荷物の仕分け・処分・譲渡などすすめる

    買取業者も使えたら使う

  • 海外対応電化製品の購入

    炊飯器は日本製がおいしいらしい。象印が海外対応だしてる

    海外対応ホットプレートいる?現地で買える?タコ焼き器

    変圧器購入するなら、電圧だけでなくワット数もチェックすること

  • 日用品の購入 p.154

    日用品・食材・市販薬・洋服・靴など。今使っているものは全てもっていく前提で。

    現地で手に入りにくいものをリサーチしておく

  • 海外旅行保険(駐在員向け)への加入

    会社でなにか保険をかけているのか確認。カバー項目や費用もチェック。足りなければ加入。

  • 治安・安全対策情報の収集 p.18 19 21

    http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html 外務省発行の安全対策冊子を読む・海外安全ホームページを読む

    「たびレジ」に登録・・外務省が旅行者向けにおこなっている、現地の最新治安情報を知らせるサービス。

    緊急連絡先リストを作成・・大使館・勤務先・医療機関・警察・保険会社などをまとめておく。スマホ上のデータと、念のため紙での用意も。

    現地に引っ越して大使館に「在留届」を提出した後は、現地大使館からの治安情報メールが届くようになる。
    在留届は引っ越してからじゃないと提出できないため、「たびレジ」で代用。

  • 留守中連絡先をお願いする

    留守中の国内での連絡窓口になってくれる人を決めておく。主に家族。

    関係各所からの連絡を受ける、郵便の転送、日用品の購入や発送など頼むことは多い。費用精算方法を事前によく打ち合わせておくこと。

    国際郵便の送り方、国際電話やスカイプの練習も一緒にやる。

    国内の収入があり納税が必要な場合は、納税管理人手続きが必要。アフィリエイトについて要確認

  • 【期限切れが近いなら】パスポート申請

    有効残存期限が1年未満になったら更新できる。

    渡航先の大使館でも更新可能。

    入国するのにパスポートの有効期限が半年以上必要な国もあるので、余裕をもって更新しておく。

  • 海外赴任ガイドWEB登録

    内容はよくわからん。これから確認。

  • 現地のインターネット回線について調べておく

    インターネット会社や申し込み方法など

    現地で使うスマホSIMの情報も調べておく

  • 一時帰国の際に日本で使うスマホSIMについて調べておく

    携帯番号を保管しておくかどうか決める(保管サービスがあるのは大手のみ)

    通話のできないSIMの場合、IP電話を使う手もある。ただ品質が悪かったり、緊急電話(110、119)ができない欠点あり。(緊急電話アプリを使えばできるらしい。要確認。)

    安いSIMを契約したままにしておくのと、毎回SIMを買うのとどっちがいいかを検討

  • 現地語学学校情報の収集

    法人の語学学校や家庭教師

    大学で行われるポーランド語講座

    滞在許可証の発行までに時間かかるから、許可証なしで申し込めるのか、いつまでの申し込みなのかチェック

渡航直前

  • 引っ越し作業

    梱包・輸送を開始

  • 世界史や日本史の教科書や本を買う

    ヨーロッパは歴史知ってた方が楽しそう

    日本の歴史を聞かれても答えられるように日本史の勉強も

  • 渡航先以外のガイドブックも買う?

    現地では日本語のガイドブックは買えないでしょう

  • 硬水対策のシャワーヘッド購入

    あれば、台所・洗面所・浴槽用も欲しいところ

  • 日本っぽいものを買う

    抹茶セットや浴衣、着物など

    必要かどうかわからないけど、一応

  • 日本のテレビが見られるサービスを準備

    スリングボックスが良さそう

  • 郵便転送サービス申し込み

    住所が先にわかるなら。

    海外送付が可能なら住所変更。(WWF)

    実家に転送する場合は、実家への連絡も忘れずに。

  • 各種解約手続き

    ガス・電気・水道・銀行口座など

    携帯も忘れずに解約or休止手続きを

  • ANAファミリーアカウントサービスへの登録

    家族のマイルを合算できる海外在住者専用サービス

    現地到着後、落ち着いたらでOK

おわりに

冒頭でもお伝えしましたが、このリストは未完成です。
実際に渡航準備をしていくうちに修正や加筆がどんどん入る予定です。

関連記事もアップ予定♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください