ワルシャワの治安2019・在住者が教える5つの傾向とスリ注意エリア

はりぃ
こんにちは!ワルシャワで駐在妻をしている、はりぃです。

「ワルシャワの治安って良いの?」

とても良いです!初めてワルシャワを訪れる人が治安の良さに驚くこともしばしば。

ワルシャワの治安がいいとはいえ、日本と同じように日々事件や事故は起きています。旅行中に危険に巻き込まれないために、注意すべき5つの事柄や対策法、スリ注意エリア等について解説していきます!

ワルシャワの治安はいい

ワルシャワの治安は実はとても良いです。

ポーランドは経済成長の真っただ中で、街全体に活気があります。

ポーランド=暗いとか、かつて社会主義だったイメージがある人からすると意外かもしれませんね。

他のヨーロッパの国に比べても治安はかなりいいほうだと感じます。
ワルシャワに住む日本人駐在員たちは、イタリアやフランスに行くときは「ワルシャワと違って治安が悪いから心配・・」と身構えるほどです(笑)

ポーランド人は、カフェでパソコンや荷物を置きっぱなしにしたままトイレに行きますしね。在住日本人はさすがにそこまで油断していませんが。

パソコンもカバンも置きっぱなし・・

外務省の治安情報

出典:外務省海外安全ホームページ

外務省の渡航警戒警報や危険情報は出ていません。(2019年6月時点)

ポーランドでテロ発生なし

2019年6月時点で、ポーランドでこれまでテロが発生したことはありません。公安調査庁の世界のテロ等発生状況統計より)

ポーランドは人口の約97%をポーランド人が占めています。そういった状況ゆえにテロが発生しにくいともいわれています。

また、2019年のポーランドの経済成長率予測は4.4%と高く、失業率も5.4%(2019年5月時点)と低いです。

私がポーランドで暮らしていて感じるのが、 街にとても活気があり人々に精神的な余裕があること。
そういった状況が治安の良さをもたらしているのではないかと感じます。

ワルシャワは夜に出歩ける?

最低限の注意さえしていれば、夜間に出歩くことも問題ありません。
もちろん人通りの少ない道や、治安が悪いとされているエリア(のちほど解説します)は避けるべきです。

とはいえ、深夜まで出歩くのはやめたほうがいいと思います。酔っ払いや明らかに変な人が増えるので。

以前23時ごろに観光地の新世界通りで、額から血を流した明らかにあやしい人がふらふらと歩いていたのを見たことがあります…

夜の女性一人歩きは避けるべき

治安が良いとはいえ、土地勘のない観光客の女性が夜に 一人で出かけるのは避けたほうがいいと思います。

夏は21時過ぎまで明るいので、明るい間であれば私も一人でも出歩くことはあります。

ワルシャワ治安で注意すべきこと①スリ

ワルシャワの治安はいいですが、日本と同じで日々事件や事故は起こっています。
ここからは、観光客が特に注意すべき事件・事故をご紹介します。

観光客が一番ターゲットになりやすいのは、やはりスリでしょう。

他のヨーロッパの国と比べて多くはないものの、ワルシャワでもスリの被害はあります。数年前からワルシャワに住んでいる人によると、 特にここ1年くらいでスリが増えてきたように感じるそうです。

幸いなことに、ワルシャワのスリは単純なもので、イタリアやスペインなどでよく聞く計画的な集団スリや力ずくなスリは聞いたことがありません。
そのため、きちんと注意していれば防げます!

ワルシャワのスリ注意エリア

ワルシャワで特にスリが多いエリアや場面はこちらです。

スリ要注意エリア
  • バス・トラム・メトロ(特に175番バス)
  • ハラミロフスカ市場
  • 聖十字架教会
  • 旧市街広場

ワルシャワ空港と市内をむすぶ175番バスはスリが多いとよく聞きます。

私はこのバスを何度も利用していますが、雰囲気は普通で怖い感じは一切ありません。 観光客が多いうえに、混雑しがちだからスリが仕事しやすいんでしょうね。注意していれば問題ありません。

175番にかぎらず、混雑しているバスやトラム、メトロは注意したほうがいいでしょう。注意していれば混雑時でも普通に利用して大丈夫です。私もいつも使っています。

ハラミロフスカ市場は、通路がせまく混雑しているのでスリが多いという話は在住日本人のなかでよく言われています。

だからといってこちらも怖い雰囲気は一切なく、注意していれば全く問題ありません。私は週3で行っていますが、スリにあったことは一度もありません。

観光客が多い旧市街広場もスリが多いといわれていますが、注意していれば全然大丈夫です。

ショパンの心臓があることで有名な聖十字架教会も観光客が多いので狙われやすいです。ここは物乞いの人がいたり、若干雰囲気が良くないときもあります。気を抜かずに観光しましょう。

スリ防止バックが便利

スリ対策グッズはいろいろとありますが、私は最近スリ防止バックを2つ愛用しています。これは本当に買ってよかった!

スリがチャックを開けずらい分、自分自身も開けずらいという欠点はありますが(笑)、安心感があって気に入っています。

PICARDのリュック

ドイツのレザーメーカーPICARDがつくる、チャックが縦に開く大人リュック。これは本当に買ってよかった!

デザインがおしゃれでかわいいし、意外と収納力もあります。

チャックが縦になっているため、背負っているときに開けられません。

日本で買うとレザーの高いやつしかないかもです。
ドイツの店舗には同じモデルでナイロン素材の安価版があり、私はそれを使っています。

【PICARD】ドイツピカードより届いた、縦に開く珍しい仕立てのレザーリュックLiz(リズ)リュック レディース 大人 2way

XDDESIGNのBobby

絶対に開けられない安心感があります。しっかりしていて安定感があるので長時間背負っていても疲れにくいです。パソコンを入れられるのも◎

ファスナーが内側にあるため、背負っているときに開けられません。

見た目よりも収納力がかなり低いのが欠点。あとしっかりしすぎて、混雑した車内ではじゃまになり結局肩から降ろさないといけません‥。

【各種利用でポイント最大25倍!】 Bobby ボビーオリジナル スリを防ぐ多機能リュック 防刃・撥水機能 男女兼用 バックパック 13L XD Design

ワルシャワ治安で注意すべきこと②交通事故

スリの次に注意したいのは、交通事故です。

ポーランドは交通事故が多いです。車はもちろん、自転車やスクーターにも注意が必要です。

ワルシャワには自転車道があります。ここは自転車が猛スピードで走ってくるので歩かないようにしてください。

また、ワルシャワで最近流行している電動スクーターにもご注意を。かなりスピードがでるため、スクーターがらみの事故が急増しています。

あとは、トラムと歩道との間に柵がないので気をつけてください!
トラムになじみのない日本人にとっては、盲点なんじゃないかと。

私は最初「えっ!こんな近くにトラムが通るの!あぶなっ!」と思いました^^;

ワルシャワ治安で注意すべきこと③明らかにヤバい人

ワルシャワには時々、明らかにヤバそうな人がいます(笑)

目つきや表情、歩き方がおかしかったりするので、見たらすぐに分かると思います。

ワルシャワやポーランドのニュースを見ていると、事件や事故の大半が酔っ払いかドラッグ使用者がおこしている気がします。

おかしな酔っ払いやドラッグしてそうな人を見かけたら、すぐにその場を離れましょう。

ワルシャワの治安が悪いエリア

ワルシャワで治安が悪いといわれているエリアは、私の思いつく限りは次の二つです。

ワルシャワ中央駅付近

ワルシャワ中央駅付近はちょっと雰囲気が悪いです。昼間は人通りも多く全く問題ありませんが、夜は一人歩きは避けたほうがいいかも。

特に中央駅前や文化科学宮殿前の公園に、明らかにヤバそうな人を時々見かけます。

プラガ地区

© OpenStreetMap contributors

ヴィスワ川の反対側のプラガ地区は、昔から治安が悪いとされてきたエリアです。

ただここ最近は、新しい商業施設や飲食店がたくさんできて治安がだいぶ改善されたと言われています。

プラガ地区にあるウォッカ博物館周辺はおしゃれです。

昼間は特に怖い感じはしませんが、観光客が行くような場所もほとんどないのであえて行く必要はないかなと思います。

ワルシャワ治安で注意すべきこと④ 署名詐欺

ワルシャワでも時々、署名詐欺の人たちを見かけます。

署名詐欺とは、こんな手口です↓

詐欺の人
身障者のために署名お願いします!署名だけでいいから!

と愛想よく近づいてきて、署名だけならとサインすると、

詐欺の人
見て!こんなに募金している人がいるの!あなたも募金して!ねえ、募金してよ!!

と自作自演の募金リストと金額をみせてきて募金を強引に迫ってきます。

ヨーロッパでよく聞く詐欺で、フランスでは署名している間にスリをしてくるなどかなり悪質な署名詐欺も多いようです。ワルシャワではそこまで悪質なのは聞きませんが。

ちなみに、日本人は押しに弱いと知られているのか狙われやすいです。 愛想よく話しかけてきて、手をつかんでかなり強引に引き留めてくることもあります。

回覧板のような紙をもってウロウロしている人がいたら署名詐欺の可能性が高いです。ポーランド人っぽくない濃い顔立ちをした人が多いですね。

ここで一つ、私がやっている対策を紹介します。

署名詐欺っぽい人を前方に見つけたら、必死の形相で時計をチラ見しながらものすごい全速力で駆け抜ける(笑)

効果絶大なのでぜひお試しください(笑)

ワルシャワ治安で注意すべきこと⑤ ナショナリズムが高まる日

ワルシャワ蜂起の日。地下鉄セントラム駅周辺の追悼集会の様子

ポーランドのニュースを見ていると、極右団体に関するニュースを時々目にします。

日本大使館によると、2018年2月に実施した世論調査で、回答者の31%が一部外国人に反感を感じると回答しているという統計もあります。(日本についてはこのような統計はないそうです。)

2018年7月にはヴロツワフで、中国人に間違われた韓国人女性が酔っ払ったポーランド人男性に暴行を受けるという事件もおこっています。日本人も同様の被害にあう可能性も否定できません。

普段暮らしていて差別されたり嫌な思いをしたことは私はありません。
ほとんどのポーランド人はオープンでとても親切な人たちばかりです。安心してください。

念のため注意が必要な日

ナショナリズムが高まる日は念のため注意が必要です。
パッと思いつく日はつぎの3つです。他にもあるかもしれません。

  • 独立記念日(11/11)
  • ワルシャワ蜂起の日(8/1)
  • サッカー国際試合の日

過激なサッカーサポーターにご注意を

ワルシャワのサッカークラブ、レギア・ワルシャワ(Legia Warszawa)の試合日もご注意ください。

レギアは一部過激なサポーターがいることで知られています。

2018年の8月には、試合終了後に162番バスで帰宅中のドイツ人乗客が、乗り合わせた過激なサポーターから暴行を受けるという事件もおきています。

ワルシャワの治安傾向をおさえて観光を楽しもう♪

噴水公園でくつろぐワルシャワ市民。平和な光景です^^

ワルシャワの治安で注意すべき傾向について解説してきましたが、いかがでしたか?

マイナス面ばかりを見せてしまったので、怖いイメージを持ってしまったかもしれません^^;
でも、事前にワルシャワの治安の傾向を知っておけば危険に巻き込まれる可能性がグッと下がると思ったので、今回解説しました。

基本的には、ポーランドはかなり治安がいい国です。海外に住んでいることを時々忘れてしまうくらい、日本並みに安全だなと感じます。

そしてポーランドの人たちは親切な人が多いので安心してください^^

過度に怖がる必要はありません。必要最低限の対策と注意を払って、あとは思いっきりワルシャワ観光を楽しんでください!

はりぃ
ワルシャワやポーランドについて、聞いてみたいこと・ご質問があればコメント欄やお問い合わせフォームからお気軽にご質問ください。
私のわかる範囲でお答えします!
記事を読んだ感想などもコメント欄へぜひ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください