必読!ポーランド旅行を計画するときの2大ポイント

海外赴任中に日本のテレビを見るなら、VPNとSlingboxどっちがおすすめ?

はりぃ
こんにちは!ワルシャワで駐在妻をしている、はりぃです。

海外赴任生活は意外と地味で、平日は家でひたすらテレビを見て過ごすなんてこともあります・・。

なので、日本のテレビをみる手段を準備しておくことを強くおススメします!

私は海外赴任当初から2年ほどはずっと『Slingbox』という機械を使って日本のテレビを見ていました。

ですが最近は、『VPN』というサービスを使いはじめて、Tverなどの日本の動画配信サイトをメインに見ています。

SlingboxとVPNを両方使った経験をもとに、それぞれのメリットデメリットをまとめてみました!

これから海外赴任予定の方や、VPNを使ってみようか悩み中の方の参考になれば嬉しいです!

VPNで日本のテレビをみるメリット&デメリット

VPNの仕組み

VPNを使うと海外からのアクセスでも、日本からのアクセスに見せかけることができます。

そのため、TverやGYAOなどの日本の動画配信サイトを見ることができます

そんなVPNをつかって日本のテレビを見るメリットとデメリットをまとめてみました。

TverやGYAOが海外から見れる!海外赴任には『Nord VPN』がおすすめ!

VPN+動画配信サイトのメリット

メリット
  • 登録がカンタン
  • 接続状態・画質が安定
  • 録画不要で楽ちん
  • 低コストで始められる

VPNのメリットは「ラクさ」「接続状態の安定」です。

まず、登録や設定がかなりカンタンです!

10分もあればできちゃいます。

「VPNってなんだか難しそう・・」と思って私は2年以上さけてきたのですが、もっと早く始めれば良かったと後悔しています・・。

自分で録画する手間がないのもラクでいい!

また、Slingboxにくらべて接続状態や画質はかなり安定しています!

Slingboxは途中でフリーズすることがかなり多い・・。

一方、VPNを介してTverを見るときはかなり安定して見られるのでストレスフリーです♪

Abemaは動画がフリーズしたり、画質が落ちやすいです。

でもこれはVPNのせいというよりも、Abema自体の問題のような気がします・・。

VPNは月単位での契約もできます。

「数ヶ月使ってみてあわなかったら辞める」というお試しがしやすいのもポイント高し。

私が使っている『Nord VPN』なら30日間返金保証もついているので、安心してお試しできます!

↓私が使っているVPNはこちら↓

\ 30日間返金保証つき♪ /

VPN+動画配信サイトのデメリット

デメリット
  • 急にアクセスできなくなるリスク
  • 動画配信をやっていない番組が見れない

VPNの最大のデメリットは規制変更によって急にアクセスできなくなるリスクがあることです!

NetflixやAmazonプライムTV、Huluなどの世界的な動画配信サイトでは、すでにVPNによるアクセスを規制しはじめています。

そのため、数日前までは見れていていたサイトに急にアクセスできなくなる可能性があります・・。

Nord VPN』ではTver、GYAO、テレ朝動画、日本版Netflix、Abema TVが見れています。(2020年7月時点)

NetflixとAbemaはPCだと普通に見れますが、スマホアプリだとブロックされることが多いです。

Tverなどの日本独自の動画サイトは、VPN規制は今のところあまり厳しくなさそうな感じ。まったく問題なく見れてます。

(Hulu、Amazonプライムは契約していないのでわかりません。)

それ以外のデメリットとしては、Tverなどで配信をしていない日本の番組は見られないことですね。

たとえば、話題の『半沢直樹』はTverで見逃し配信をしていないので見れません・・。

無料のTverやGYAOで物足りないなーと思ったら、Netflixなどの有料の動画配信サイトを契約するのもおすすめ!

私もNetflixを契約しています。

唯一の欠点は、見たいものが多すぎて毎日忙しいことです(笑)

VPN代とNetflix代がダブルでかかってしまいますが、さほど大きな額ではないので私はあまり気になりません。

Nord VPNを使った場合でシミュレーションしてみました。

VPN代(1年プラン):6.22ユーロ=約 800円 / 月

Netflix代(ベーシックプラン):約 800円 / 月

合計:約1,600円/月

2020年7月時点の料金です。

選ぶプランによってVPN代もNetflix代も変わってきます。

Slingboxで日本のテレビをみるメリット&デメリット

Slingboxの説明

日本のテレビを見られる機械『Slingbox』。

Slingboxは、日本に設置しているレコーダーを遠隔操作できるリモコンのようなものです。

放送されているすべての番組をリアルタイムで見ることができ、好きな番組を録画することも可能です!

そんなSlingboxをつかって日本のテレビを見るメリットとデメリットをまとめてみました。

Slingboxのメリット

メリット
  • 放送中のテレビ番組をすべて見られる
  • VPN規制にふりまわされない
  • 買い切り(一度買ってしまえば追加料金不要)

Slingboxのメリットは、なんといってもまるで日本にいるかのようにテレビを楽しめることでしょう!

リアルタイムで放送中の番組を見ることができますし、見たい番組は録画しておくこともできます。

レコーダーを設置している場所で放送されている番組はすべて見ることができます。

実家の両親とご当地番組の話題で盛り上がることだってできますよ!

VPNの場合は、VPN規制がかかって急にアクセスできなくなる心配がありますが、Slingboxの場合はそれもありません。

じゃあもう比較するまでもなく、Slingbox一択じゃない?

と思いますよね。

だがしかし!!

Slingboxには大きな欠点があります・・。

Slingboxのデメリット

デメリット
  • 接続が不安定になりがち
  • 機器代が高い
  • 実家など設置する場所が日本に必要
  • 録画するのが手間

Slingboxの致命的な欠点は、接続が安定しないことです。

いきなり画面がフリーズしてしまったり、何回トライしても接続できなかったり・・

ドラマの感動的な場面で止まった時には、もうイライラが止まらない!

調子がいいときは、ごきげんよく2時間以上がんばってくれる日もあるんですけどねー。

さらに、このSlingbox、かなり良いお値段します。

私が2年前に買ったときは3万5千円でしたが、今は値上がりして5万3千円!(2020年7月時点)

5万円の価値があるかというと、正直うーーんという感じかな・・

とはいえ、駐在当初、家に一人でいるときにSlingboxに救われたのもまた事実。

朝ドラやワイドショーをぼんやり見たり、好きなドラマやバラエティーを見まくったり、日本にいるような感覚に安心できました。

でも、もし今Slingboxが壊れてあらたに5万円出して買い直すかと聞かれると・・正直微妙です。

【VPN vs Slingbox】おすすめはどっち?

VPNとSlingbox、それぞれのメリットとデメリットをおさらい!

VPN+動画配信サイト

【メリット】

  • 登録がカンタン
  • 接続状態・画質が安定
  • 録画不要で楽ちん
  • 低コストで始められる

【デメリット】

  • 急にアクセスできなくなるリスク
  • 動画配信をやっていない番組が見れない
Slingbox

【メリット】

  • 放送中のテレビ番組をすべて見られる
  • VPN規制にふりまわされない
  • 買い切り(一度買ってしまえば追加料金不要)

【デメリット】

  • 接続が不安定になりがち
  • 機器代が高い
  • 実家など設置する場所が日本に必要
  • 録画するのが手間

私のおすすめはVPNです。

Slingboxも悪くはないのですが、5万円(2020年7月時点の値段)の価値があるかというと正直微妙かなと。

とくに海外赴任で2年くらいの駐在期間だったら、VPNのほうがかなりコスパがいいと思います。

料金シミュレーション

Nord VPNを使った場合でシミュレーションしてみました。

VPN代(1年プラン):6.22ユーロ=約 800円 / 月

1年間だと・・9,600円

2年間だと・・19,200円

5年間だと・・48,000円

5年以内の駐在ならSlingboxよりもVPNのほうがコスパ良し◎

※2020年7月時点の料金です

ただ、VPNは規制が変わって日本の動画サイトにアクセスできなくなる可能性もあるので、「確実に日本のテレビをみたい!」という人はSlingboxも検討してみるといいかも。

↓私が使っているVPNはこちら↓

\ 30日間返金保証つき /

↓Nord VPNのくわしい記事はこちら↓

TverやGYAOが海外から見れる!海外赴任には『Nord VPN』がおすすめ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください